コラム|その他

自分を見る
2019.11.15
自分を見る

龍安寺石庭。禅の心とか宇宙とかを表していると言われる。庭を見ているのにいつしか「自分自身と向き合っている」とも言われる。行ったことも無いのに知ったかぶりはいかん!! というわけで、この春は行ってみたいと思っている。ささやかで大きな希望である。こんな所に座っていたら静寂に負けて眠ってしまいそうだが、それも極楽かも。人それぞれの生き方で精一杯生きていればいいのだ。

2019.11.14
石上みね

石上三年(いしのうえにもさんねん)
石上みねさんのペンネームの由来である。
「聞き語り お釈迦さまのお弟子たち」(大蔵出版)全3巻は子供向きにすべてフリガナがついているが、大人だってドキドキと面白い。
それぞれのお弟子さんたちの生き生きとした表情は、高僧といえどもなじみ深くて隣のおじいさん風。が、やはり、努力が違う。
信仰のなせるところでしょうか。
作者も信仰心の厚い人…

2019.11.13
とらわれない・まどわされない

日・月・火・水・木・金・土 は西洋の7曜。 先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口 は中国の6曜。仏教とは関係ないのである。が、特に6曜は日の吉凶を占って良い日悪い日を決める。日に善悪がありかなしか、気にする人は暦が手放せない。しかし例えば、祝日が仏滅になったら祝わないのか、ということになると、答えはノーだ。
仏教の教えは、とらわれない・まどわされないが基本であるから、迷信や流言に流されてはいけな…

神田・東陽堂で「こころ言葉」清水公照師の本を発見!!
2019.11.12
神田・東陽堂で「こころ言葉」清水公照師の本を発見!!

京都・清水寺の管主(この本の時は東大寺住職だった)、清水公照師は名前を付けるのがうまかった。
見込まれて五つ子の名付け親になられたこともある。
文章の達人でもあった。
108歳で大往生されたけれど、神田の東陽堂で「こころ言葉」を発見して購入。

24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。