コラム|その他

仏の心

2020.03.14

仏の心とは大慈悲である。
あらゆる手だてによって、すべての人びとを救う大慈の心、人とともに病み、人とともに悩む
大慈の心である。
 ちょうど子を思う母のように、しばらくの間も捨て去ることなく、守り、育て、救い取るのが仏の心である。
「おまえの悩みはわたしの悩み、おまえの楽しみはわたしの楽しみ。」
と、かたときも捨てることがない。

仏の大悲は人によって起こり、この大悲に触れて信ずる心が生まれ、信ずる心によってさとりが得られる。
 それは、子を愛することによって母であることを自覚し、母の心に触れて子の心が安らかとなるようなものである。
 ところが、人びとはこの仏の心を知らず、その無知からとらわれを起こして苦しみ、煩悩のままにふるまって悩む。

罪業の重荷を負って、あえぎつつ、迷いの山から山を駆けめぐる。


   『観無量寿経』『維摩経』『大般涅槃経』
 

24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。