コラム|その他

仏事の心得18か条③

2020.07.25

お悔みは簡単に

お悔みの言葉は、
 このたびはまことにどうも・・・
 このたびは思いがけないことで・・・
 さぞかしお力落としで・・・
 ご愁傷さまでございます・・・

だいたいこのようなもので、あとは言葉になりにくいものである。

名文句や演説口調は、かえって白々しく聞こえて逆効果となる。
お悔みの言葉は、簡単に、平凡に、そして野暮ったくてよい。

遺族にお辞儀をしたとき、深い哀悼の念が現れていれば、一言も口を利かなくても、そこに自ずから通じるものがあるはずえある。
ときには、口先だけのお悔みの言葉よりも、無言の会釈のほうが、はるかに心温まるお悔みとなることがある。




                                    忌と喪と斂より

紹介手数料無料!
24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。