コラム|その他

仏事の心得18か条⑤

2020.08.29

死に顔は見ない

遺体のある部屋でお悔やみを述べていると、遺族から「一目会ってやってください」と言われることがある。
もし気がすすまない時は、「また悲しくなりますから」とか「寂しさが増しますので」と言って辞退したほうが無難である。
会いたくもないのにお義理で対面するより、このほうがよほど礼にかなっている。

これが田舎になると、来る人来る人に遺族が声をかけ、弔問客のほうも「拝ませてください」と挨拶する。
双方ともそうすることが儀礼化しており、神経のすり減る作法になっている。

普段でも、他人からジロジロ見られるのは嫌なものである。
まして“死に顔”をやたらと人に見られたりするのは、故人の本意ではあるまい。
よほどの間柄でないかぎり、自分のほうから「故人との対面」は言い出さないことである。



                                    忌と喪と斂より

紹介手数料無料!
24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。