コラム|お寺の話

鑑真和尚、入洛
2020.03.13
鑑真和尚、入洛

754年3月2日、鑑真和尚が奈良に着かれた。遣唐使の熱意に渡来を決意したが、中国政府の許可が出ず密航に近い形で出航し、失敗を重ねて失明までして12年目にやっと来日を果たした。当時の日本には「戒壇」がなく「戒師」もいなかったためである。初めての受戒会が行なわれ、聖武天皇の戒名は「勝満」、光明皇后は「萬幅」となった。その後はるばる中国から来て下さった鑑真和尚へのお布施として唐招提寺が建てられた。

2020.02.12
日本伝来

釈尊誕生      2600年前
仏教伝来公伝    538年
奈良時代      三論・成実・法相・倶舍・華厳・律の南都六宗
平安時代      天台宗・真言宗
平安末期~鎌倉時代 浄土宗・臨済宗・浄土真宗・曹洞宗・日蓮宗・時宗
江戸時代゜     檀家制度
明治時代初期    神仏分離政策

現在に至るまで様々な遍歴がありました。上記の字、読めましたか?…

弘法太師空海
2020.01.30
弘法太師空海

弘法大師空海は、日本宗教はもとより歴史上にもおおきな功績を残した。若き頃より、儒教・道教・仏教へと学び、特に密教に関心を寄せた。31才で唐(中国)に求法の旅をし、33才で帰国、真言宗の法灯をかかげた。真言密教の日本的展開を成し遂げ、独自の戒を打ち立てたり、著作も多い。宗祖・空海の徳はあまりに大きく、後を受け継ぐ人々は宗祖に遠く及ばなかった・・・という。

練馬区の長命寺で、通夜に参列した途中…

観音様の本
2020.01.17
観音様の本

人生は
寒梅のごとし
あえて風雪をおかして
        ひらく


神田神保町で見つけた、私にしては上出来の本探し。裏表紙に「大本山 増上寺」の朱印が押してある。これがご縁というものである。感謝。もう10年も大切にしている本である。

紹介手数料無料!
24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。