コラム|その他

「人生は地獄より地獄的である。」 芥川龍之介

2020.02.01

古来より「極楽絵図」は少なく「地獄絵図」は多い。
「極楽」に行って帰って話をしてくれる人はなく、「極楽」の様子は分からないまま、西方浄土にあるという「仏の国・弥陀の国」を思い浮かべて信心に励んだ。
しかし、「地獄」は
       この世の嫌なこと
            経験したくないこと
               つらく悲しいこと

非情なことを思い浮かべれば「地獄絵図」ができた。

しかし、それでもなお、「人生は地獄より地獄的である。」
芥川龍之介は言う。
四苦八苦・一切皆苦が人の世、人生だとブッタも言っている。
しかし、しかし、それでも「生きる価値がある」人生なのだ。
そこに信仰がある。
人の思いを包み込む信仰がある。

大きな夕日に向かって帰宅の道についたとき、その輝きの神々しさに「西方浄土」に向かって
いる錯覚がした。
一日のほんの一瞬だが、信ずるものを見た。

24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。