コラム|仏教行事の話

2019.12.13
「忌と喪と斂(きともとれん)」と「戒名のはなし」

父親である社長が二ヶ月入院した。それから、彼女の意識が変わったようだ。もっと勉強したいと言う彼女に、コンパクトで良い本があると、この本を取り寄せてプレゼントした。国書刊行会出版で私が持っている本より、かなり改訂されている。辞書の大きさで、バックにも入る。「質問されること」が趣味の当方、こんなときは張り切る。計20冊も買ってしまった。当分、鬼に金棒・・でいけるぞ!!

2019.12.09
成道会・ジョン・レノン命日・忘年会・・

今日はお釈迦様が悟りを開かれた「成道会」の日。
菩提樹の木の下で座禅を組むこと、49日目の朝、悟りを開かれた。

今日はジョン・レノンの命日。凶弾に倒れて39年。
あの時のニュース映像、おぼろげながら覚えている。
「イマジン」を発表し、平和を願う歌として世界中で流れていた・・。

そして、忘年会。若者向きの飲み放題なので、皆ドンドン注文している。よく食べよく飲…

2019.11.21
聞き語り「お釈迦様のお弟子たち」石上みね著より

古代インドの人々の間では、輪廻転生の思想がありました。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天の六つの境界を我々は、ぐるぐると生まれ変わり死に変わりして経巡るというのです。過去世の業の結果として現在の境界があり、現世の業によって未来世の境界が決まるという善因善果・悪因悪果の道理に基づくのが、輪廻転生の思想です。現世の自己の在り様は皆前世の行いの結果であると考えていました。人間として生まれても、余りに情けな…

2019.11.18
成道会

12月8日はお釈迦様が悟りを開かれて「仏陀」になられた日です。成道会(じょうどうえ)として各派で行事が行われます。

何年にも渡って断食・肉体を痛めつける修行などを経て、これでは悟りを得られないと知った釈迦は山を下り菩提樹の木の下で座禅をしました。悪魔やら売春婦やら色々な誘惑に勝ち、座禅を始めて49日目に悟りを得られました。悟りを得た仏陀は「尼蓮禅河」で沐浴し、村娘スジャータから牛乳の供養を…

24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。