コラム|その他

2020.07.18
仏事の心得18か条②

ことわざに「鳩は数珠懸け、田螺は袈裟懸け」という。
ハトの首には数珠を掛けたような模様があり、田んぼのタニシは袈裟を掛けたような姿をしている。
仏教はこのような生きとし生けるものに至るまで広く行きわたっている、という意味である。

2020.06.21
仏事の心得18か条①

「じゅず」あるいは「ずず」と読み、念仏を称えるときに珠を繰って数えることから念珠ともいう。
お弔いの携帯必需品である。
ところが、これを忘れてくる人が実に多い。
いや、初めから持たない人さえいる。

数珠は信仰を表現する宝珠で、仏さまと結縁する『法具』だから、仏教徒なら数珠を持つのが当然である。

2020.06.06
父の日

父の日は、父に感謝を表す日。

アメリカのドット夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。
1909年アメリカのドット夫人が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生日である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。

彼女が幼い頃、南北戦争が勃発し、父ウィリアムが招集され彼女を含む子供6人は母親が…

「折々のうた」
2020.05.28
「折々のうた」

欲無ければ一切足る
求むことあれば万事窮す
         良寛

良寛和尚の題名もないたくさんのすぐれた漢詩の一つだそうである。今は無くなってしまったけれど、朝日新聞朝刊一面の「天声人語」に並ぶ人気のコーナーだった。大岡信氏の体調不良でなくなったけれど、毎日の楽しみであった。色々とスクラップして読んでいたが、氏の解説は秀作だった。

紹介手数料無料!
24時間365日
対応しておりますので、
お気軽にご連絡ください。